縁の下の力無し


あきの@管理人の趣味と、犬猫ごはん作りのsmall tips.
by aislaby
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
最新のトラックバック
塩豚作ってみました
from Dog*Walkキャバグロで..
塩豚作ってみました
from Dog*Walkキャバグロで..
猫本
from AML Amazon Link
イヌの健康ガイド
from ぷーちなび犬本
12月1日 ハーフ&ハー..
from ばば猫の仕事部屋から
気づかないと・・・
from cotton_plus_on..
ライフログ
link
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2日目

ほとんど徹夜に近い状態で、ネットと手持ちの本をあさり、ぎるのブリーダーさんに報告し、使えそうなありとあらゆるものをオンライン注文し(^^;
手元の本に紹介されているレメディのうち持っているChina30c、Phospholus30cを交互に飲ませる。

ぎる自身は、昨日ガナゼックを投与されてから目に見えて元気を取り戻した。
幸いにも昨日、犬猫用の赤身肉を取り寄せたところだったので、前夜の夕食からもりもり赤身肉を食べさせる。よく食べる。
ここ半年ほど、朝ごはんのメニューは、雑穀米のおじや・野菜ペーストをベースに、たまご・ヨーグルト・豆腐・納豆・チーズ・十穀きなこ等から何種類かチョイスだったのだが、それも最近朝ごはんだけ食が進まなかった理由のようだ。自分に何が必要か、ぎるにはちゃんとわかっているようだ。
夕方のトイレでは尿から赤味が消え、濃い黄色になった。赤血球の破壊が抑制されてきたようである。

表情も以前のように明るく、楽しそうにしている。私たちが彼の病気に気付いて、治療が始まったことがわかっているのだ。気付くの遅れて本当にごめんよ…。
[PR]

# by aislaby | 2006-10-12 23:07 | 犬バベシア

発病

ぎるは9月下旬から、どこか体調不良だった。微妙に元気がなく、食欲が落ちている。最盛期でもでーこほど意地汚くはないにせよ(^^; 朝ごはんをろくに食べなかったり、おやつ(うちは犬用おやつというのは殆ど使わなくて、人間のパンとか果物とかのお裾分け)を「いらなーい」と捨てたり(でーこが食べる)。
ターヴの雄は3歳過ぎたらそんなもんだと聞いて、そんなもんかと思っていたのだが、この日、ぎるは昼のトイレで激しい血尿をした。その夕方の病院で、バベシア感染がわかった。

バベシアはマダニなどが媒介する寄生虫で、赤血球に入り込んでこれを破壊するため、重篤な貧血症を引き起こす。昔は中国地方以西の風土病といわれていたが、近年は関西まで汚染地域となり、でーこが小さい頃から獣医さんの掲示板などにはかならず警告があった。私も充分注意しているつもりで、フロントラインなど色々なダニ対策を講じてきた、つもりだった。
それでも、未去勢であるためにありとあらゆる草に顔をつっこんで臭いをとり、なぜだか選んだように丈の高い草むらに寝転がりたがるぎるをバベシアから守りぬくことはできなかったわけだ。

潜伏期間などから逆算すると、9月にフロントラインをつけた3、4日後に公園で遊んだ後、顔にダニがついていて、その時に感染したものと考えられる。
獣医さんいわく、学会でも毎度フロントラインの有効期間は話題になって、ダニには2週間しか効果がないという医師もいる。また、皮脂の少ない犬にはスポットタイプはあまり有効でないそうだ。ベルジアンは皮脂が少ないので、これにあてはまる。
また、ダニがついても48時間以内に除去すればバベシア感染はないとした情報もあるが、ぎるの感染が上記の時であれば、3時間以内には気付いて取り除いた。実際には、バベシアを持ったダニに付かれてしまったら、時間の問題ではないように思う。

現在、バベシアに有効な薬は劇薬のガナゼックのみである。早速この日より投与がスタート。1日置き4回の投与の後、定期的な血液検査をしながら予後観察となる。
[PR]

# by aislaby | 2006-10-11 22:42 | 犬バベシア

雨犬・雨車・雨女

ぜーんぜん訓練の進んでないぎると久々競技会に行った。
去年を除いて殆ど行ってる、三重県菰野町の草競馬場。のどかで好きな競技会場である。が、一日中雨だった(T▽T)
どうにもいつも降られてしまうのだが、私がなのか、ぎるなのか愛車なのか、ほんと雨に好かれている(-_-; つーかこんなに運転ヘタなのに、数え切れないほど夜間に大雨の名阪国道(しかも西行き)を経験してる私って。まぢでよく死なないものだ。

は、ともかく、競技(^^;
付け焼刃の2週間練習とはいえ、前日カッパさんとでーこに邪魔させながらの練習では、ぎるにしては破格の集中力を見せ、「ぎるちゃん天才!(T▽T)」だったのだが、本番はそれはそれはヒドかった…。71.0点なんてでーことだって取ったことないぜ。まあ仕方ないんですけど…。どうなるのかワシら。
ふねちゃんに色々アドバイスをもらったのでよく考えてやってみよう。ふねちゃんありがとうm(_ _)m
現地でお世話になった皆様もありがとうございました~m(_ _)m

ぎるの実家連隊も来ていて、この夏生まれた子犬っちと初対面。ぎるの甥姪たちである。うおーん可愛い!(^o^)
カメラ紛失中なのが悔やまれた~。
可愛いといえば、久々に会ったアッコさんちのPassoのすごい美少女ぶりにもハート射抜かれた。めっちゃタイプでドキドキしたです(゚o゚)\バキ

ところで、私たいそうモスフリークなのだが、モスって結構、地域限定メニューがある。
中京地域の限定品はコレ。モスラバーの間では最注目限定商品で(ほんまか?)私達も一度食べたい!と常々話していたので、競技会の帰りに遠回りしてテイクアウトしてきた。
もう、まんま「手に持って食べる味噌カツ丼」(笑) 作って2時間以上も経ってから頂いたにも関わらずとっても美味しくて、さすがモス~!
期間限定でいいから全国販売したらいいのにねー。
[PR]

# by aislaby | 2006-10-01 23:35 | murmur

ぶらぶら京都駅界隈

JR伊勢丹でやってるミュシャ展に行ってきた。

行くのでリサーチ~とネットで調べてたら、駅前の近鉄が来年2月で閉店だという。うっそーん!好きだったのに~(T-T)
美術展の前に、近鉄の方を懐かしくウロウロした。奈良に住んでる今はもう、年に1度も行かない身だが、好きだったなあ。あの旭屋書店と無印が無くなるのは悲しい(T-T)
ドールハウス展をやってて、ミニチュア大好きなので延々と見てしまう。昔の日本の薬屋のドールハウスが秀逸だった。
こういうとこではパーツも売っている。薪や石炭が燃料で、ストーブ・オーブン・コンロが一体になってるやつのミニチュアがほしくて(もちろん本当は本物がほしいのだが)探してみたら、7000円↑↓だった(^^; 退散~。
Cafe MUJIでお昼をいただく。ここも無くなるのか…。奈良においでよ(T-T)\バキ

近鉄周遊後伊勢丹に戻り、手帳のリフィルを探しに文房具売り場へ行くと、カレンダーをメインにした輸入犬グッズのブースが来ていた。ここでターヴの'07カレンダーをやっと入手。今年はAmazonでも扱わなくて困っていたのだ。助かりました(^人^)
そしてどこのデパートでも必ず、必要でなくてもじっくり見るキッチン用品売り場を経由して(近鉄でも見たでしょーが) やっと美術館へ。

ミュシャは人気あるので展覧会も何度も開かれてて何度も行ってるがσ(^^; 今回の私的目玉は「装飾資料集」。アールヌーヴォーのお手本として図書館や美術学校に置かれたものである。ええなぅ~ホゥ。あんまり素敵だったので、何年ぶりかに図録も買った。美術展の図録というのは、本物を見たあとでは色も違うし迫力も全然出てないのでがっかりしてしまうから買わなくなって久しいが、ミュシャの場合展示物もほとんどがリトグラフ等の印刷物なので、ギャップが小さくてイヤンにならんのよね。
大学入ったばかりの頃初めて見たミュシャ展で買った図録と同じものもまだ販売されててびっくり。穴が開くほど眺めた図録だ。なんというか…少女漫画のルーツよね、ミュシャ。

しかし伊勢丹の美術館、初夏にはウィリアム・モリス展をやってたし、趣味が近い。エジプト展も行かねばの~。

さて、デパートに来たからには晩のお惣菜を確保せねばなりません(゚o゚)\バキ
ここ数年、どこのデパ地下行ってどれだけ検討しても、結局最後にはRF1で買い物してしまう。なぜかと考えるに、もちろん「野菜多め」が第一理由ではあるが、どうも自分それ以上に、あのショーケースの色彩に引かれているらしい。緑と白と赤、ちょっとアクセントの茶と黒。おいしそうー!と脳が反応する。虫かσ(^◇^;
買い物前に休憩でフルーツジュースを飲んだのも、同系列のVEGETERIAで。ここのジュース好きなの~。この系列のとりこ?(^^;

ずっとケーキも食べてなかったので、ダニエルでもちょっとお買い物。どれも美味しかったけど、マンゴーのブラマンジェがすんごくすんごくすんごく!好みだったな~。
やっぱ楽しいですね、デパート。
[PR]

# by aislaby | 2006-09-29 23:07 | 旅とか奈良とか

それにしても。

d0001930_2315389.jpg

たぶん生後3ヶ月を迎えたと思われるマイヤは今日も元気です。肢もまるで大丈夫。ご心配ありがとうございましたm(_ _)m
で…

時々猫砂などを買うペットショップのショーケースに、まいより2ヵ月半ほど年上のロシアンブルーの女の子がいる。このお姉さんとマイヤが、顔立ちといい各部分の色といい、本当によく似ていて。まいには背中にシルバーの差し毛がたくさんあるのだけが、Mixの証明であるかのようである。
Mixだと思っている根拠は、ただ「捨てるくらいならショップに出せばいくばくかの金にはなるだろうに」にすぎず、本当は一応純血のロシアンブルーなのかもしれない。確かめようもないことだが事実がどうなのか純粋に興味はあるよね。

1匹だけで捨てられていたのもちょっと不思議だが、こちらは不吉な仮説があって、まいを拾ってからしばらく、その場所を通る度にカッパさんも私も他にいないか覗いていたところ、拾った2日後、仔猫でなくイタチがいたのだ(田舎なのでイタチもタヌキも出る)。もしかしたら、まいは兄弟と一緒に捨てられていて、そちらはイタチか何かに引っ張っていかれて、残ったまいを捕食者より先にうちの犬達が見つけただけのことなのかもしれない。
拾った時には真夏なのに体温が低下していて掌に抱くとひんやり冷たく、たいへんな栄養失調だった。栄養失調は捨てられた当日だけの事情ではなかろう。どんな家でどんな育てられ方をしていたのか…。
朱里もそうだが、マイヤも捨て猫としては最大限に運が強い子なのだろうなぁ。とにかく間に合ううちに拾われたのだし。

なんとかこの強運をもって、まいには狭くてびんぼーな我が家でも元気に長く楽しく暮らしてほしいものだ。運に恵まれなかった幾多の仔猫達の分も。

そんなマイニャの替え歌(゚o゚)\バキ
♪まーいまいまい、 まーいまいまい
キレイ可愛いマイ猫ちゃんは
犬猫ハウスのプリンセス♪
(怪物くん)(こんな歌いまどき誰が知ってるっての~T▽T)

d0001930_2316263.jpg





あくび
[PR]

# by aislaby | 2006-09-19 23:21 | murmur