「ほっ」と。キャンペーン

縁の下の力無し


あきの@管理人の趣味と、犬猫ごはん作りのsmall tips.
by aislaby
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新のトラックバック
塩豚作ってみました
from Dog*Walkキャバグロで..
塩豚作ってみました
from Dog*Walkキャバグロで..
猫本
from AML Amazon Link
イヌの健康ガイド
from ぷーちなび犬本
12月1日 ハーフ&ハー..
from ばば猫の仕事部屋から
気づかないと・・・
from cotton_plus_on..
ライフログ
link
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧


マリノといえば。

”マリノ”をご存知の皆様への私信(笑)
や、思わぬところでお馴染みの名前を見たもんだから(^^ゞ 行ってみたーい。
[PR]

by aislaby | 2005-09-28 22:44 | murmur

また、子犬見学~♪

こないだの連休、名古屋のBlackMagic犬舎に、ターヴの子犬の面会に行ってきました~!
ママになったEllyちゃんは、でーことも従姉妹、ぎるともはとこ位の血縁なのです。
人間だいすき、甘えんぼで活発なEllyちゃんは、また素晴らしいママでもありました。
子犬っちもママも可愛いねぇ~(*^_^*)

まだ写真を整理してないので、犬舎のサイトで子犬達のプリティぶりを堪能して下さいね~ん。

やっぱし、ターヴュレンはたまらんですな~ハァ~(U▽U)


***********
で…色々と停滞中ですが(^^;
ぢつはここしばらく頭痛その他で調子がよくなく、そんでやたらと日々の雑事に追われております…まともなコラム書けずに日々が過ぎてますがすんません。
[PR]

by aislaby | 2005-09-27 17:37 | murmur

或る思ひ出

○○の話題というと思い出すことがある。

まだ朱里が1歳前後の頃、おさんぽ猫にあこがれた私達は、朱里にリードをつけて近所のおさんぽに出かけたことがあった(でーこ付きで)。
しかし朱里には大変迷惑だったらしく、途中でぶち切れてカッパさんの顔を蹴破って肩から飛び降り、用水路の奥に逃げ込んでしまった。
説明しにくいので図解します(゚o゚)\バキ

d0001930_17111169.jpg


こんな感じで、A地点にいた私達を離れ、B地点まで潜ってしまったと。
この用水路、しっかりコンクリの枠で側溝化されてるものではなく、昔からある溝に橋渡ししたような状態なので、足場がとても悪く、石やら割れガラスやら錆びた針金やらがゴロゴロしている。水深は深くても10cm行かないくらいなのだが、朱里のところまで這っていけそうにない。
朱里は恐怖で固まってて呼んだってこっちにくるもんじゃないし、下手に刺激すると更にどっかへ逃げるかもしれず、一帯は緊張に満ちる。(おおげさ)

たまたま朱里のすぐ手前に、ちょうど図のように鉄格子の排水溝のフタがあって、見たところ構造的には固定されてないようなのだが、カッパさんに外してくれと頼むと、ちょっと引っ張ってみただけで「ダメ、外れない」という。
多分、設置してから一度も外したことがなさそうで、隙間に土が詰まって固められてしまってるのだ。
しかし前述のように、入り口から潜っていくのは困難。
朱里は汚い水に浸かって座り込んでおり、もしそこまで入っていく途中でガラスとか踏んでたら破傷風菌とか入りそう(ToT)と心配フルスロットルの私。
このフタ、どうでも外すしかないと、両手で鉄格子をつかみ、反動をつけて背筋のバネをがつん!と跳ね上げた。(背筋あったんかい)
数回繰り返すと、さすがに固まった土もゆるみ、フタはごばぁ~(砂埃)と開いた。
その穴から潜っていって、ようやく無事、ちりを回収できたのであった。

ちゅりんは幸いどこもケガしてなく、むしろ彼が逃げる時にぶっ掻いたカッパさんの顔の方がよっぽど重傷であった(^^;

この事件は「室内猫をおさんぽ猫にしようなどというドリームは厳禁」という教訓を我が家にもたらし、以後語り継がれている。
しかし、カッパさんが開けられなかったあのフタを、朱里への愛でこじあけた自分の姿を思い出す度、密かに「戦車のハッチを開けようとした少佐のようだわ」と悦に入るわたくしなのであった(,_'☆\ ベキバキ
[PR]

by aislaby | 2005-09-16 16:49 | murmur

健康な子犬

ぎるの実家に仔犬を見に行った。
ぎると同じお母さんから生まれたハーフブラザーズ&シスターズである。
可愛くて個性的で(爆)面白かった~。今年は仔犬三昧♪

この犬舎も、こちらの犬舎も、交配に際し、股関節・肘関節だけでなく様々の健康検査の上で、それぞれの長所をよく計算したマッチングを行っている。
努力と手間を惜しんでいてはできないことで、どれだけターヴュレンという犬種を愛しているかの証だと思う。
特に健康検査は、生まれてくる子犬の健康に直結することで、チャンピオンタイトルよりもはるかに重要な事柄だ。
(とはいえ、ベルジアンのようにナチュラルな体型の犬種の場合、スタンダードに適合した骨格はイコール健全性でもある)

OFAナンバーは股関節・肘関節の異常のないことを、CERFナンバーは眼疾患のないことを表している。
Thyroid; normalといえば甲状腺に異常がないこと。
seizure: freeというのはアメリカの広告でよく見る表現で、重篤な疾病を患ったことがないという意味である。例えばターヴでは癲癇がよくある遺伝性疾患として報告されていて、そうした病気が現れたことがない親犬だということになる。(この語句を表記していなくても、そもそも良心的なブリーダーなら、遺伝性を疑われる疾患を持つ犬は繁殖から外す筈である)

こうした情報を広告から読み取る能力も、子犬を迎える側には必要だ。
逆に云えば、このような健康面の配慮を表明していない犬舎から子犬を迎えるなら、相応のリスクを覚悟しなければならないだろう。
「元気です」といった主観的保証は、繁殖においては当てにすべきではない。

こうした意見を述べると、必ず「検査した犬からだって、病気の犬が生まれる可能性は0ではない」という反論がくる。
勿論、その通り。
しかし、検査しないマッチングよりも、その危険性はずっと低くなる。そして現時点ではそれしか病気を避ける努力はない。
「検査したって100%安全じゃない」と居直るのは、繁殖者の怠慢でしかない。それでは病気の犬が生まれる確率を1%だって下げることはできないのである。

ここを読んでる人の殆どには、こんなことは釈迦に説法だろうけども(^^;
もし、え~犬の健康ってそうなの?と驚かれる方がおいでなら、こちらのサイトの「About us」と「Breeding note~私の提案」をご一読されたい。
ボーダーコリーの犬舎なので、ベルジとは違う疾患もあるが、本質はどの犬種でも同じ。

私は自分が半病人なもんで、人でも犬でも猫でも、健康が何より大事と信じて疑わない。
こうして多方面から健康に配慮した繁殖を行うことは、人が人工的に繁殖をコントロールしている犬という種に対してできる最大の誠意であり、愛情だと思う。
このような尊敬すべき犬舎が日本にも増えてきたのが、とても有難く頼もしい昨今である。
[PR]

by aislaby | 2005-09-11 00:56 | 犬猫ケア

番外・ヒトインフルエンザ(笑)

鳥インフルエンザ話ついでに、ヒトの方も。

今年初め、カッパさんが会社で拾ってきたらしいインフルエンザに倒れ、同時期にツマもごっつう風邪を引き(いつもだろ!)、揃って病院で検査を受けた。
で、カッパさんからはインフルエンザウィルスが検出され、私は「ただの風邪」と診断された。

私はご存知のように(T▽T) たいへん体が弱いのだが、どうも記憶にある限り、インフルエンザにはかかったことがない。
この時も、カッパさんの世話をし、自分も風邪だけどヨロヨロと寒風のなか犬達の散歩をし(この状態でもボールを投げる根性を見せた。えらいぞオレ)、あげくカッパさんと同じ寝室で寝たのだが、とうとう移されなかった。
何故なんだろう。インフルエンザは型も色々ある上、すごい速さで変異していくウィルスなので、全部の抗体があるとは考えられない。
風邪ならありとあらゆる型の抗体持ってそうだけどね~σ(^◇^; や…それでも風邪ひきまくるんだから、抗体があっても罹患・発症しちゃうことの証明になってるか?(爆)

で、このところのワクチン勉強ついでに、こんな本読んでみました。
面白いですよ~。お子さんいる方には特におすすめ。

や、この本読んでも、自分がインフルかからない理由ってわかんないんだけど(,_'☆\ ベキバキ
多分、常にすでに別の風邪ひいてるから、風邪の一種であるインフルの入る余地がないのかも。(それもどうなのかねぢぶん…)

しかし、人間ではこれだけ、ワクチンの効果を追跡調査してて、無効だって断定されてて、いいですなぁ…ぼそ。
[PR]

by aislaby | 2005-09-08 10:19 | 犬猫ワクチン

これ以上黙っているわけには。

ここしばらく行きつけのあちこちで目にする、「アレ」に関する間違った記述の数々…。
わたくし沈黙を破ることにいたします。
皆様、これが真実ですわっ!

「攻殻機動隊」シリーズの大雑把な全容(爆)

原作コミック;
作・士郎正宗
「攻殻機動隊1巻 Ghost in the Shell」1991
「攻殻機動隊2巻 Man Machine Interface」2001
「攻殻機動隊1.5巻」2003

アニメーション劇場版;
監督・押井守
音楽・川井憲次

制作スタジオ・プロダクションI.G
「Ghost in the Shell / 攻殻機動隊」1995
「イノセンス」2004

アニメーションTVシリーズ;
監督・神山健治
音楽・菅野よう子

制作スタジオ・プロダクションI.G
「攻殻機動隊 Stand Alone Complex」2002
「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」2004

特に監督・音楽についての間違いが多くて見るに見かねました…(,_'☆\ ベキバキ

ちなみに劇場版とTVシリーズはパラレル設定となっていて、時間軸やキャラクターの性格が一致しないのはそのためです。
劇場版Ghost in the Shellは2029年設定、TVシリーズStand Alone Complexは2030年設定ですから、Stand Alone Complexの続きが劇場版になるわけではありません。

あと、劇場版は押井作品色が濃いですが、S.A.C.は神山監督作品というよりI.G作品というべきなんですね… ええ。

後生だからこれ以上の質問はご遠慮くださいねっっ(光学迷彩で遁走)
[PR]

by aislaby | 2005-09-07 20:32 | murmur

ニュースより

なんて恐ろしい(-_-;
違法ワクチン接種説浮上 茨城の鳥インフルエンザ感染源

や、この事件に関しては、当該業者の否定などもあり、事実がどうかはまだ不明のようですが(また朝日のフライングじゃないよね?^^; ここでも)

恐ろしいというのは、厚生労働省が、ワクチン接種からその病原体に感染する可能性が大きいことを、はっきり認識してる点です。
不活化ワクチンでも、不活化処理が不完全なまま流通する可能性も認めてますね。人間用ではもっとチェックが厳しくて、こうした曰く「粗悪」なワクチンは出回らないのかもしれないけど、犬猫のはどうなのか…?

そして、「ワクチンで仮に発症は抑えられても、感染を完全に防ぐことはできず、感染を繰り返して強毒性に変異する危険がある」という部分。
わかってるんやんけ~~~(T-T)

最近ますますボケボケになって、子供の頃がんがんワクチン打たれたから、脳にアルミが溜まってるんや~と慄いてますが、ちょっと注意してこの件の続報を見守ります。

前回の記事とも関連しますが、こうして感染が発覚すると、また数万、数十万羽という鶏さんたちが処分されてしまうのも、何ともはや、恐ろしいことです。
大人がこんなに命を粗末にしてるとこを、子供達に見せてよいものか。

≪9/4深夜追記≫
続報は恐れた通りの結果に…(T-T)
しかしこうしてみると、ワクチンの実態認識は、犬猫(の一般飼い主)のそれが最も遅れていることがよくわかります。
[PR]

by aislaby | 2005-09-03 01:05 | 犬猫ワクチン

肉と穀物

涼しくなってきたせいか、猫達の食欲がすごい。皆もりもり食べる。え、もちろん生食を。手作り食べなくてお困りの方、うらやましくって?(゚o゚)\バキ
しかし私は頭がイタイ…。シニアの兄ズがずしずし太ってきてるのもよくないし、1日に2イヌと4ネコが消費する肉の量といったら、ほんま眩暈がする。

たびたび目にする意見として、「犬猫に穀物は不要」「犬猫に穀物は百害あって一利なし」「犬猫に穀物を与えるとガンになる」がある。
今回はその是非を問うのではない。猫はともかく、犬に「害」ってこたないでしょ、とは思うが(^^;

私はあまり肉好きでないのと、非精製食品愛好家(笑)であるためか、よくベジタリアンと誤解されるのだが、人生一度たりとベジタリアン(厳密には、完全菜食主義の人はVeganという)だったことはない。
しかし、Veganの主張の一部分にはきわめて説得力があり、初めて読んだ時から十数年、脳裏を離れることがない。
それは、肉を生産するのは大変に環境負荷が大きいということだ。
その主張はこちらこちらでクリアにまとめておられるので、目を通していただけたら有難い。

肉がこれほど多くの犠牲の上に成り立つ食材だという事は、犬猫飼ってなくても、誰もが一応知っていた方がよいのではないだろうか。
どうも、これがいつも引っかかってるもので、犬猫の生食も、私個人としては、可能なら肉の何割かは穀物に置換したいのである。
勿論、だからといって、犬猫に完全菜食を!というのは無茶な話。
肉を消費しすぎているのは、犬猫の責任ではなく、人間の責任なんである。

でも、日本にはこんな多くの犬猫を適正に養うだけの食物を生産する能力はないのに、私達は肉の輸入という手段で、不自然に多すぎる肉食動物を身辺にはびこらせている。
国産の肉も、飼料の穀物はほぼ輸入品なのだし、加工フードであっても、良質の物はたいてい外国産なのだから同じことだ。
上に紹介したリンクの2番目にある、「コスタリカ、エルサルバドル、グアテマラ、ニカラグア、ホンデュラス、パナマの人々が食べる肉の量の1人当たりの平均: 米国の猫1匹あたりの平均より少量」という記述はことに重く感じる。

さて、一方で、以前ボーダーコリーマニアの友達に聞いた話。
ある古い文献によると、昔のイギリスの牧場では、シープドッグたちに与える食物といったら「スープを取った後の骨と、オートミールくらい。後はその辺で草でも食ってる」だったのだそうである。こんなスゲェごはんでも、犬達は毎日、数十マイルもの距離を走って働いていた。牧羊犬というのは王侯貴族の飼う犬ではないのだから、どこでも大差なく、パンでも粥でもスープでも、残り物を集めて与えられていて、その中に肉なんてほんの1切れ2切れだったことだろう。(ま、ウサギやネズミなんか捕って、自主的に補ってたんだろうけど)
ちょうど私達の子供時代、庭につないでた犬の食餌が、味噌汁ごはん+出汁取った後の煮干であったように。
彼らは不健康だっただろうか?
(残りものゴハンでも、ワクチン過剰接種してなかったから元気だったんだよ。と話がそれるのを修正/☆(-_-)

こんなわけで、うちのけものたちは穀物も食べている。豆腐や納豆、パンにおじや、茹でトウモロコシ(笑)。下痢もしないし、今のところガンにもなっていなさそう。
よしんば、今後本当に穀物がガンの原因と特定されたとしても、たぶんそうする。どう考えても、我が家は肉を消費し過ぎているから。
私一人が気にしても影響は0に等しいし、こんな程度じゃ自己満足の域を出てないのも、よく承知しているけども。

理論上は、猫の方はそりゃもう本来完全肉食の生物だし、犬だって明らかに穀物が合わない体質の子もいる。誰もかれも穀物を食べさせるべきだと主張したいのではないんで、誤解なきよう(^^;
ホリスティック(全体的)にペットの健康を考えようという時は、こういう側面も「全体」に含めておきたい、というキモチの話です。

d0001930_23481679.jpgわにゃが食べちゃったトウモロコシ(一番下)。
真ん中の、ワタシの食べ残しの芯(お見苦しくてすみませぬ)と同じサイズのをあげたのに、ここまで食べつくしてしまった。そんなに甘い植物が好きか~。
一番上は、サイズ比較に旧式なマイ携帯。
[PR]

by aislaby | 2005-09-01 23:20 | 犬猫ごはん