縁の下の力無し


あきの@管理人の趣味と、犬猫ごはん作りのsmall tips.
by aislaby
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新のトラックバック
塩豚作ってみました
from Dog*Walkキャバグロで..
塩豚作ってみました
from Dog*Walkキャバグロで..
猫本
from AML Amazon Link
イヌの健康ガイド
from ぷーちなび犬本
12月1日 ハーフ&ハー..
from ばば猫の仕事部屋から
気づかないと・・・
from cotton_plus_on..
ライフログ
link
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧


暑さ対策

うちは殆どクーラーを入れない。
私が冷え症で寒がりなのもあるが、ぎるがクーラーが嫌いなのである。あんなモコモコのくせして。
この狭い部屋のドアも窓も閉めきってしまうのが耐えがたいらしく、私では寒いくらいの温度設定でさえ、激しいパンティングが止まらない。
好きにさせると、夏中、風呂場に住んでいる(^^;
タイルがひんやりして、彼的には家中で一番涼しいらしい。

というわけで、居間の天井照明をシーリングファンに換えた。
エアコンの送風や扇風機だと、どうしても風の死角があるしね。
このシーリングファンと、台所の換気扇を回して凌ぐしかない。カッパさんはどうせ昼間は会社だしな~。
風呂場には、洗面所にクリップ扇風機を設置して、ぎるにブイブイ風が当たるようにした。

それに加え、玄関のドアに網戸をつけることにした。
開け放すわけにはいかないが、チェーンをかけて少し開けとけば、かなり風の抜け具合が違うと思う。

もちろん、すべての工事はカッパさんが行う。私は非力な上キョーレツに不器用なので(障子の張替えでもカッパさんにやり直された)、改造を発想し、注文を付けるだけである。
いいコンビだ…!(,_'☆\ ベキバキ


カッパさんといえば、こないだの彼の会社の給料日、給与明細をしげしげ見ると、社員食堂利用の給与天引が0だった。
つまり、私はGW明けからこっち、1度も寝過ごしたり起きられなかったりしなくて、弁当を欠かさずこさえてるのである。
すごい。えらいぞオレ<普通だろ!
冷食・レトルト万歳の相変わらずの悪妻弁当だけどねσ(^◇^;
[PR]

by aislaby | 2005-06-27 22:54 | murmur

冷茶シーズン

d0001930_23431962.jpgもう、こればっかりですわ(^^;

去年の年末セールで半額になってた冷茶ポットを2本買った。正解。つくってもつくっても2人でごんごん飲んでしまう。
冷たいものばかりは体によくないとはいうが、うちはエアコンを殆ど入れないから、いいんだい( ̄^ ̄)

こないだレピシエからサンプルをもらった「LF306 鳳梨烏龍音」、冷茶にしたらとても良かったので、今度買おう。
パイナップルフレーバーの烏龍茶。
烏龍茶自体もそこそこの品質、パイナップルの香りも冷茶だと出過ぎなくて、実に夏らしいバランス。
フレイバードティは冷茶に限るのさ(^^; (ホットだと苦手…)
[PR]

by aislaby | 2005-06-23 17:08 | ヒトのみもの

梅酒~♪

d0001930_16461182.jpg4年ぶりに漬けた♪
4年前のはただいま大層美味しくなってるので、これも2年は寝かせてから飲むのさぁ。

自家製には何かしら特色を!ってことで、ホワイトリカーでなくブランディ使用。
甘い酒はやなんだけど、まったく入れないとやはり深みがなかったので、氷砂糖もパラパラっと。


d0001930_16481193.jpg今年は梅が黄色くなって、すももみたいな香りが立つまで待ってから漬け込んだ。
青梅の前回より美味しくなること希望~~


d0001930_16501141.jpg撮影してるとポチ様参加。


d0001930_16505775.jpgわななんも参加♪
[PR]

by aislaby | 2005-06-23 16:59 | ヒトのみもの

鳥たちの初夏

今年はなんだかやたらと小鳥と縁のある我が家。

まずは5月上旬、駐車場にスズメの巣立ち間際の雛が落ちていた。
追い回して捕まえ、近所の梅の枝にとまらせておいた。
寒い日で、日暮れまでそこにいて、夜見に行ったらもういなくて、あれは猫に持っていかれたんだろうなぁ…(T-T) しかしうちに連れて帰っても同じことなんで…。

その後、駐車場にツバメが巣をかけはじめた。
隅っこにしてくれりゃいいのに、なんでか車の真上で、車にボタボタと材料のドロや藁が落ちる。つうか梁についてる材料より落ちてる材料の方が多いがな(^^;
うまくつかなくて苦戦してるようなので、諦めてくれればと思ってたが、1週間ほどするとコツをつかんだらしく、見る見る巣が出来上がってきた。
車が汚れるのはまあともかく、ここってベランダの裏側というか下側なわけで、ベランダにはうちの愛猫たちが出るのだ。雛が孵ってジャアジャア鳴き始めたらと想像すると血の気が引く。
カッパさんと相談する。
私「ツバメが出かけてる隙に落としたら諦めてくれんかなあ?」
カ「いや、見てる目の前で落とさんと、諦めんと思う」
(ちゃー、いつもあげえ優しいしんごたるが、こげな恐ろしいこつ云うちから、やっぱり男っちゃあ信用されんわぁ)とお国言葉でビビるわたくし。
が、その日の夕方表に出ると、ちょうどツバメが目の前の電線で休んでるところだったので
「ほら、見てるよ、落とすなら今だよ」
といってやると、カッパさん無言で後じさり。
私「何しよんの、早くやれば」
カ「動物好きなのに、そんな可哀想なことできない~(T▽T)」
でーこの散歩行くから!と逃げていくカッパさんなのであった。
ケッ、出来もしねぇこと云ってんじゃねぇよ。(うそ)

もちろん私に落とせる筈がなく(^^; ツバメは現在順調に子育て中であります。
懸案の猫たちはといえば、雛が孵るまでにさんざん親ツバメたちを見て飽きてしまったようで、最早あんまり関心なさげ。よかったぁぁ。

昨日は、夕方の散歩中、道端のビニールハウスがバタバタ鳴ってるので見ると、ビニールの折り重なった隙間にスズメがはまりこんでもがいていたΣ( ̄□ ̄;;
同じ隙間にもう1羽挟まっていたが、そちらは目と嘴から血を滴らせて動かず、既に死んでるようす。
何とか生きてる方を助けたいが、勝手にビニールを破るわけにはいかないし、ぱんと張られたビニールはなかなかつまんで隙間を広げることもできない。
スズメはもがく度にどんどん狭い方へ入り込んでしまうし、見てる間にも弱ってくるし(T▽T)
15分程の格闘の末、やっとスズメをビニール地獄から絞り出し、ばばば~と飛んでくのを見送った。
よ、よかったよ~ぐったり(T▽T) しかし誰かにビニールハウス荒らしと誤解されたんじゃないだろうかアタシ(T▽T)

「酉年だからついてるんだよ~」とふーこさん。
そうかな~そんじゃ宝くじ当たるかな~?(,_'☆\ ベキバキ

本日、昼の犬トイレから戻って、玄関先ででこにブラシをかけてると、学校帰りのこどもの声。
「おかあさんは生きたエサをやってるんだよ」とかなんとか云ってる。
どうも、一人の女の子が、うちの(笑)ツバメの雛を飼いたがってるみたいで(^^;、もう一人がたしなめてるらしい。
「それじゃ、もし落ちてて、周りにおかあさんがいなかったら連れて帰ろうね」とお姉さんらしい方が云い、小さい方も納得して、2人は帰って行った。
おいおい、そんなこと希望しないでちょうだい(^^; わしゃ全員無事に巣立ってお行きと毎日見守ってるんだよ~。
[PR]

by aislaby | 2005-06-22 14:54 | murmur

猫をもらってくる時は

唐突だが、動物病院やなんかで「仔猫もらって下さい」の貼り紙なんかを見て、もらってくることにしたとしよう。
殆どの人が1匹もらってくると思う。1匹だけでも大変なのに、複数飼うなんてとてもとても、とお考えであろう。

だが!ワタクシはここに声を大にして訴えたい。
「猫は2匹で飼いましょう」

なぜか世には「猫は孤独を愛する動物」というファンタスティックなドリームが横行しているが、猫は全然孤独が好きではない。
成猫ならいざしらず、仔猫はひとりでは育たない。

愛情が必要で~とかいう話じゃなく(いや勿論ラブも必要だけど)、生来ハンターである彼らは、成長期に歯と爪を使って遊ぶ必要があり、それには相手が必要なのだ。
で、1匹で飼われてる仔猫は、同居の人間(の手足)を相手にする。仔猫の薄くて尖った歯と爪をあなどっちゃいけない、とんでもなく痛い。一過性の行動だから叱る必要はないのに、叩いて叱る人もいるが、お互いにとって不幸なことだ。
これが、仔猫2匹になると、ほとんどお互いで遊んで済ますので、人間の被害は半減かそれ以下になる。仔猫も無駄に叱られずに済む。

完全室内飼いの場合、仔猫の時期を過ぎても、運動不足の解消は時になかなかヘビーなテーマとなる。
これも、2匹いれば追っかけっこでもして、猫同士で解消してくれるので、人間の負担は減る。
飼い主が寝てるとこへ遊べ遊べと起こしに来る猫ちゃんは、たいていは1匹飼いの子だ。
仔猫のガブガブよりずっと長期間に及ぶ問題である。

何より、留守番の問題。
最近は一日中おかあさんかおばあちゃんがいる家は少なく、昼間は猫だけになってしまうお宅が多いのではないか。
猫はひとりぼっちは嫌いである。誰かいないと寂しくて泣く。ほんとよ。
退屈してイタズラするのも困ることではあるが、それ以上に、ひとりで寂しく留守番してると思うと、人間だって辛いではないの。
(個人的には、ひとりの留守番は、犬の方がまだ平気でやるように思う)

で、猫は2匹もらいましょう、なのである。
以上のような問題が一気に片付くうえ、生まれた時から一緒の兄弟姉妹の猫のなかよしの姿は、それはもう比類ないうつくしさだ。単体でもあんなに可愛い猫が、更に光り輝く様子を見ずに終わるのは惜しいよお客さん。
猫なんてゴハンと水出して、トイレ掃除さえすれば飼える生き物である。
1匹が2匹になったとして、手間と費用は1.5倍程度。生活全体の負担は半減。可愛さはざっと4万倍増といったところだろうか。

猫は2匹セットで飼うのがおすすめです(^^)
猫を飼うのが初めてなら、なおさら。
楽をしたかったら、1匹でなく2匹もらってきましょう。絶対後悔させませんことよ。

(世にあふれてる里親募集の仔猫たちが1匹でも多く助かってほしいとの願いもこめて書いてます。でも、経験に基づく事実だすよ~)
[PR]

by aislaby | 2005-06-20 17:33 | 犬猫ケア

野菜の味

文学的なタイトルだな~(,_'☆\ ベキバキ

犬猫ごはんの野菜で一番多く使うのが、小松菜である。
いちおう旬は冬らしいが、今は年中店頭にあるし、例えば今の時期の小松菜ってすごく緑が濃くてブリブリしてるので、本当はいつが旬なのかよくわからない。

で、数日前。
いつものように小松菜メインで数種類の野菜を混ぜてフードプロセッサにかけ、すりつぶした野菜ペーストをつくる。
で、犬猫それぞれのごはんをつくって出すと、でこは30秒で完食するが、猫たちが食べない。
くそ~ワガママ共がぁ~と憤慨しつつ後片付けしてて、ふと思い出してペーストを舐めてみる(ちょくちょく、こうして味見してる)
…と、鼻を貫くように青臭くて苦い。
うわぁ。いまごろのあの紫になるくらい青々した小松菜って、こんなに味も強いんだ(^^;

翌日はキャベツメインでペーストを作ってみる、と、猫たちも普通にごはんを食べる。
なるほどねぇ~。あんなキッツい味は、犬たちと青虫くらいしか喜ばないわね。
きっと栄養価は今の方が高いんだろうけど(^^;

もう5年くらい犬猫ごはんを家で作ってるが、まだまだまだまだ、知らんことと発見の多い日々である。
犬はともかく、猫はその日ごはんを食べるかどうか、まったく出したとこ勝負なのだが、けっこう野菜ペーストの味如何なのかもしれない。
毎回味見してみて、あんまり刺激的な味じゃないように作るよう心がけてみようかな。や、余裕のある日だけでもさ(^^;
[PR]

by aislaby | 2005-06-20 17:23 | 犬猫ごはん

アレな話題

水曜の夕方、トイレのドアを開けるとこんなことになっていた。


d0001930_0235361.jpg



人生色々だが、こんなの個人宅で見たのは初めてである…。(ロシアでならもっとスゴいの見ましたがの~。おえ)(アレな画像なのでなるべく小さくしてみました)

で、どうせ取り換えならと、ウォシュレットを導入することに。
ずっとほしかったのでラッキー(^_^)v

買ってきたウォシュレット(ホームセンターで買えるんだよねぇ)の部品一式を廊下に広げて、カッパさんが取付説明書を読んでる間に、さっそくはまってみるポチ様と、取り囲んで遊ぶ犬猫。
d0001930_0274671.jpg



形状が変わってどうかな?と思ったけど、わにゃは深く気にせず、新しい便座でトイレしてくれてます。
わにゃが乗ってる時にウォシュレット動かしてみせたら、「トイレがちっこした!」とさぞ驚くだろうが(見ててもそりゃあ面白かろうが)、後が色々大変そうなのでやりません(^^;

カテゴリ、雑貨に入れるべきでしたかねー(,_'☆\ ベキバキ
[PR]

by aislaby | 2005-06-18 23:22 | murmur

薔薇の名前

ぎるっち、血統書名を Pas Grace Sceptre'd Isle (パス グレイス セプタード アイル)という。
Pas Graceが犬舎名、個有名が Sceptre'd Isle となる。
Sceptre'd Isle は、イングリッシュローズの品種名からとった。

ぎるたちのパパLutherは、アメリカ生まれアメリカ在住ながら、血統は英国系である。
Sceptre'd Isle はシェイクスピアの戯曲「リチャード2世」の一節「this sceptre'd isle…(この王権に統べられた島)」からとられた名前であり、あの素晴らしい英国のおじいちゃんに敬意を表する意味でも、犬舎号と並べた時の表記と発音の流麗な美しさでも、これしかぬぁいと思ったのだ。

最近、庭の整理をしたら、もう1本くらいバラを増やすスペースが捻出できそうで、それではやはり「ひつじっこローズ」セプタード・アイルを植えるべきでしょう!と検討してるのだが、何せ黒の親指のワタクシ。枯らしたら縁起わるいよねぇ…(゚o゚)\バキ

ちなみにもっちろーん、わたくし、「リチャード2世」は暗記するほど読んで…るわけないっしょーそもそも開いたこともないさー(,_'☆\ ベキバキ
でもSceptre'd Isleの綴りが好き。terじゃなくてtreなとこが、とってもイギリス英語ちっくではありませんか。(赤毛のアンがAnneであってAnnじゃないのと同じようなコダワリ…)

ところでSceptre'd Isleで検索してみたらこんなのがありました。いいな~行きたいな英国…


■■■
余談ついで。
先日、わにゃに胴輪をつけて、一緒にお散歩したら、ちょっとはしっこ飛ばさなくなるかなあ(T▽T)というわけで、わにゃを連れてペットショップへ行った。
ショップにて採寸し、「どの胴輪なら抜けないか?」を私と店員さんが熱く議論してる(おおげさ)間、わにゃを抱っこして待ってるカッパさんに、親子連れのお客さんが話しかけていた。

帰りの車中にて
私「先刻、何話してたの?」
カ「普通の猫なんですかー?って聞かれた。
そうですよって答えたら、『…大きい猫ですねぇ…!』ってしみじみ云ってたよ」
私「Σ( ̄□ ̄;;」
いや私、ネタでも何でもなく、心の底から「可愛い猫ちゃんですねv」っていわれてるんだと信じておりましたの。今でもしょっく。(,_'☆\ ベキバキ
[PR]

by aislaby | 2005-06-12 13:48 | murmur

股関節形成不全

ドッグスポーツに向いた犬種には少なくないこの病気。
ベルジアンだって決して無縁ではないのだが、どうも絶対数の桁が違うせいか、レトリーバーやボーダーコリーのオーナーさん方に比べると、対岸の火事と思われがちなようで。

が、近年は日本のベルジでも発症が確認されるようになってきた。
特にフリスビーやアジリティをすることを楽しみにしてベルジを迎えられた場合は、落胆も大きくなることだろう。
繁殖前に親犬の健康を、股関節以外にも多方面から医学的検査で確かめる習慣が、ベルジでも根付いてくれるといいのだけど。

しかし、「股関節がはまってない」って、具体的にどんな感じでどんなに痛いか、想像しにくいですよね(^^;
それでは、この病気に苦しむ人間の患者さんの、生の声をどうぞ。

こういう記事を、自身アジラーであった人が書いて下さるのは有難いことだ。
私も、捻挫とか靭帯切れた痛みの記事ならいっくらでも書けるんだけどな~(,_'☆\ ベキバキ

★6.11追記
みろりさんが膝関節脱臼の体験談を書いてくださった。
トイグループの犬たちの場合は、股関節よりも、膝蓋骨脱臼(パテラ)を先天的に持って生まれてくる子が少なくないと聞く。
たくさんの犬が、こんな痛みを負わされているのね…。
ぜひこのお話にも目を通してくださいませ。

これらの関節の病気は、犬という種がかかえる無数の病気のうち、ごく一部にすぎないからと軽視する方もおられる。
しかし、子犬を産ませようと交配する前、ドッグスポーツの練習を始める前にレントゲン検査をすることで、病気を持つ犬が生まれることを(ある程度)回避もできるし、既に発病していても痛みがひどくならないよう予防することも可能なのだ。

どの場合でも、痛くて苦しむのは犬であって、私たち飼い主ではない。
どんなに治療費をかけても、手術で治るとしても、私たちは痛くないし、全身麻酔の危険に身をさらすわけでもない。犬が耐えるのだ。

病気が出てから考えればいい、ではなくて、常に前もってこうした遺伝病があることを念頭に置いていたい。
だって私たちは犬が好きだから、いっしょに暮らしてるんだもの。
[PR]

by aislaby | 2005-06-08 19:18 | 犬猫ケア

今のうちだけ園芸家

ムタビリス、咲き始めました~

d0001930_18365867.jpg


d0001930_18372241.jpg


d0001930_18374111.jpg

ムタビリスは変色するバラ。
淡いレモンイエローが時間と共に薄紅に染まっていきます。
バラのイメージから大きくかけはなれた、ヘナヘナっちくおとなしい花だけど、ほかにはない魅力。

長い期間ぽろぽろと咲き続けるのがチャイナ系の特徴。
だからいいんだなぁ、チャイナローズ。

d0001930_18454814.jpg2年ぶりくらいに寄せ植えなんかつくってみました。ジニア2種、白葉のかわいいアキランサス、ベンジャミン。
この黄色のジニア・リネアリスが大好きで、これだけでも毎年植えたくなる。宿根草だといいのに、一年草なのよねぇ。
ベンちゃん(笑)は、その昔2階の出窓に置いといた鉢から種が落ち、門にかけといた鉢に芽吹いたもの。
温室育ちの親は、室内でも奈良の寒さに耐え切れずこの世を去った(゚o゚)\バキ が、ここで生まれ育った子は実に4~5年、軒下で雪にも耐え、このたび寄せ植えのフォーカルツリーに昇格した。
…環境変わったからって枯れちゃったら… 許してくれい(,_'☆\ ベキバキ
[PR]

by aislaby | 2005-06-08 18:52 | murmur