縁の下の力無し


あきの@管理人の趣味と、犬猫ごはん作りのsmall tips.
by aislaby
カテゴリ
最新のトラックバック
塩豚作ってみました
from Dog*Walkキャバグロで..
塩豚作ってみました
from Dog*Walkキャバグロで..
猫本
from AML Amazon Link
イヌの健康ガイド
from ぷーちなび犬本
12月1日 ハーフ&ハー..
from ばば猫の仕事部屋から
気づかないと・・・
from cotton_plus_on..
ライフログ
link
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧


連休でんな

d0001930_19594440.jpgといっても、どーっこも行けないんですけどね(T-T)
いつになったら足治るんじゃ~。いや杖つけば歩けてますが、運転できないので、田舎住まいには歩けないも同然。
いっそ、このまま一生杖が必要なのでわ?と怖くなってます(T-T)

先日はカッパさんとイタリアンのランチに行ってきました。
ちょっと幸せ(笑)
運転できないのをいいことに、大手を振って自分だけワインを飲む。
さらに幸せ(,_'☆\ ベキバキ

パンは日々焼いてます。
最近はカッパさん好みのバターたっぷりフワフワに甘い具の入った、ケーキみたいなパンが主流。
粉は先日まではるゆたか、昨日から春よ恋。お店サイトに16年度産でいいロットを入荷したとあったので買ってみましたが、確かにすごい膨らみでした。これなら外麦と変わらんねぇ。
この製パン性のよさ+国産小麦の安全性と味を兼ね備えて、ほんと良い小麦粉だと思います。おすすめ。d0001930_203683.jpg

自分でパンを焼いてて、酵母(イースト)もいろいろ使うし、こだわりは少ないんだけど、1つだけ続けてるのが国産小麦を使うこと。
外麦より私には扱いやすかったし、味もよい。でもやはり何といっても、輸送のためのポストハーベストがかかってないので。
国産小麦=無農薬ではありません、もちろん。外麦を否定してるのでもありません。オーガニックとか謳ってない普通に売ってるパンを私も食べます。
でも、自家製パンはこだわろうと思えばありとあらゆることをこだわっちゃえる。で、国産小麦に絞ったわけなのです。
ポストハーベストはアトピーの原因になるケースもあるし、うちのパンは犬たちも食べるので。

もともと、環境問題とか食の安全にはそこそこ関心のある方だったけど、犬猫のごはんを作り始めてから一段と、身土不二ということを大事に思うようになりました。
なので国産小麦。
いやどれだけ理屈いっても、何年も続くのは、おいしいからなんですけどね(^^ゞ
[PR]

by aislaby | 2005-04-29 20:10 | パン

わにゃにバッチ3

その後とても穏やかなわにゃ。
決め手はホリーだったのか?(^^;
[PR]

by aislaby | 2005-04-27 23:10 | 犬猫ケア

わにゃにバッチ2

ダメでした(T▽T) 今日は悲惨…。
今のボトルにホリー足して様子見ます。
[PR]

by aislaby | 2005-04-21 23:32 | 犬猫ケア

わにゃにバッチ1

バッチフラワーレメディを使い始めて、多分5年位になる。
バッチの説明はしなくていいよね?(^^; こちらなどを見とって下さい。

一番効果があったのは、朱里のスプレーをやめさせられたことだった。
しかし、わにゃの方は、何だかんだで完全に直るまでこちらが続けなかったせいで、あんな調子(爆)
今年になってからはまた、ホントに酷かった。
ので、3月に入ってすぐ、久々にわにゃのボトルを真剣に作った。
この時の配合は、チェリープラム、チェスナットバッド、ホリー。

これが結構、効いてたんです。
飲んでる間はほぼ、ちゃんと教えるか、自分でトイレに行ってた。
やっぱりバッチは効くよ~と。

なのだが、カッパさんがボトルを倒して半分こぼし(…カッパさんこそ、チェスナットバッドを飲ますべきだといつも思う(,_'☆\ ベキバキ)
私が捻挫だもんで、ボトルの煮沸が億劫になって、3月下旬に使い切ってから、そのままになった。
そしたらたちまちスプレー復活。それも以前に増してひどく、もう猫というよりちっこ妖怪と暮らしてるかのような毎日になった。
ので、16日にまたボトルをつくった。
今度は、チェリープラム、チェスナットバッド、クラブアップル、インパチェンス、チコリーで。

そしたらまた、よい子になるんですよ。
自分で行けるようになるし、「一緒にちっこ行こ~!」とアピールする時もこちらの手が空くまで待てるし。
よい子ってか、フツウ?(T▽T)

多分キーは、チェリープラム(衝動的な行動)、チェスナットバッド(しつけをなかなか習得できない)、クラブアップル(過剰な潔癖症)に絞れるかと。
バッチ知ってる人はチェリープラムって何で?と思うかも知れないけど、数年前の朱里のスプレーを直す時に、これだと直感があったので入れてみたら覿面の効果があって、かなり後になってから「子供のおねしょにはチェリープラム」という記述をどこかで見つけたのですわ。
スプレーって衝動でやってるよね~(^^;

わにゃは乳児の時からうちで育ってるから、育て方のせいなのは100%間違いないが(-_-;
いつかはバッチも必要なくなるのかなぁ。
ま、無害のはずだし、効果があるなら、一生飲ませたっていいんですが~。

ホメオパシーも3年ほど使ってますが、今日は私の方がAconiteに助けられました。
おかげで今、白ワインをおいしく飲みながら日記書いてます(,_'☆\ ベキバキ
[PR]

by aislaby | 2005-04-19 23:08 | 犬猫ケア

愛の国へ

15年ほど前、割とよく東海道新幹線に乗った数年間があった。
その度に不思議なことが起きた。
私は乗り物酔いがひどく、新幹線ならまあちょっとは本も読めるが、いずれ気持悪くなるので、殆どは寝るか風景をボーっと見てるかである。
で、静岡県はあのようにとてもとても長いので、大半は寝て過ごした。
なのに、乗る度、必ず見てしまうのであった… ガンダーラを。

それは静岡県のどこかのトンネルのすぐ東側にある、紫地に黄色の文字が鮮やかな、ラブホの看板だった(爆)
これが、別に探してもいないのに必ず、寝ててもふと目が覚めると必ず、目に飛びこんでくるのだ。
終いには「ああ、今日もガンダーラを見た。今回の旅も平穏だ」と思うまでになった。

その後もうそんなには新幹線にも乗らなくなり、ここ数年は、乗ってもガンダーラを確認できなくなった。
思えばバブルの頃から見ていたラブホ。潰れたり、経営者が変わって名前を換えられたりしてても不思議はない。
何であの頃、キミはそう何度も私の目をひいたんだろうねぇ(そら、紫+黄色って、まさに補色だから)

今回東京へ行くに当たり、名古屋を過ぎるともう眠くなかったので、窓から桜を見つつ、本をちらちら読みつつ、ガンダーラのことを思い出していた。
東海道新幹線は高速道路と併走する区間が結構あって、高速の看板を見てるとかなり現在地を特定しやすい。
今日ガンダーラが見つかったら、大体の位置がわかるかもなんて思ううち、静岡市に近づいた。
新幹線がトンネルに入り、抜けて、山側に目をやると、そこにあった…! 忘れもしないガンダーラのロゴが。

もうすっかりあの鮮やかな紫は色褪せてしまい、寂れた感じの落ち着いた色彩になってしまった看板、お城みたいな如何にもなラブホ。
まだあったんだ。ちょっと感慨。
今更だけど、何がどうしてガンダーラだったのよ、ねぇ(笑)

多分やけど、下り線で静岡駅を出て最初のトンネルの手前の山側にあるはずです。
あなたも見つけてみませんか、どこかにあるユートピア(笑)

d0001930_11353221.jpg
[PR]

by aislaby | 2005-04-13 11:03 | 旅とか奈良とか

Soup Stock Tokyo

朝食の後まったくおなかは空かないが、胃の底から塩味を欲した私たち(笑)
スープなら入る!と移動先で、ネットで見かけたことのあるスープのチェーン店に入る。
スモールサイズのスープを2種類選べるダブルセット(めっちゃ魅力的/笑)で、私は鶏肉のトマトシチューと春野菜のアーリオ・オーリオを選んだ。

きっと作り置きで保温してたスープをよそってくれるだけだから味は期待すまい、などと思ってたら、これがどうして。
トマトシチューの鶏肉なんて、ずっと保温してたらガチガチのカスカスで、鶏のいやな癖のある臭いがでてそうなものだが、この鶏肉は、今調理したてみたいにプリプリふわっとしてジューシー。スープも濃くていい味。えええー何これ美味しいー(^^;
春野菜の方は逆にコンソメタイプで塩も薄くて、野菜の滋味をたのしむ感じ。どちらも具がぜんぜんケチじゃなくて、スモールサイズでもとっても満足なのもすごい。

いいなあ。こんなお店は都会じゃないと続きません。
奈良にも以前、スープを出すコーヒーショップがあった。正直、こんなに注意深く作られたスープではなかったが、スープ好きの私とカッパさんはよく行った。が、スープメニューは2年程で消えた。
結局、奈良では、具沢山のスープを街で飲みたいなんて人がいないってことなのだろう。スープだけのお店なんて在り得ないね(^^;

お店のサイトを見てみたら、なんと缶スープも出してるらしい。
が、販売地域に奈良は入ってない(T^T) 三重まで来てるのに~!
三重県のローソンまで、買出しに行こうかなぁ?(゚o゚)\バキ

www.soup-stock-tokyo.com
[PR]

by aislaby | 2005-04-10 13:16 | ヒトたべもの

VIRONの朝食

ところで私はご存知パンマニア。
d0001930_13135651.jpgAll about Japanのパン部門はスタート時からブクマしてまして、ここの朝食をいつか食べてみたかった。
ジンガロの翌朝、ワガママいって連れてっていただきました~(^^ゞ

何たってこの5種類のジャム、パティシエ製チョコペースト、フランスのはちみつが使い放題なんですよう~。
d0001930_13123656.jpgこのトレイを自分のテーブルに置いてみたくない人なんて、人間じゃない(爆)
どれを取っても、まったく非日常の美味しさだし、お店の雰囲気といいスタッフのサービスといい奈良には存在し得ないものだし、もう感激~。

なのですが… やっぱり苦しかった(爆)
3人とも終いには甘さに負けて動きが鈍く…(笑)
あああ~もっとガンガン甘いものが食べられた大学生くらいの時に、これを注文したかった!(T▽T)

とはいえパンもとてもハイレベルだし、サンドイッチがクラクラするほど美味しそうだったし、また行きたいお店であります(^_^) <いつ?
[PR]

by aislaby | 2005-04-10 13:14 | パン

ZINGARO

「フランスの驚異の騎馬オペラ『ジンガロ』来日公演!」のニュースに「ナニそれ~?」と目がとまったのは2月のこと。
記事を読み、公式サイトを見るうち「こ、これは観ねば(ハナイキ)」となり、関東在住のベルジ姉たちを巻き込んで、行ってきました!(杖ついて…根性だわぁ)

詳しくは公式サイトにて。

また、ケイナイン・フリースタイルの名手(笑)みやさんの感想ブログも、とてもわかりやすくまとめられてマス(^_^)

人馬一体のアクロバットはスピードがあってド迫力、きれいなお姉さん&馬とガチョウ集団のハーディング・パフォーマンス(笑)もめっちゃ可愛く楽しく。
でも一番の衝撃は、一見地味な、一組の騎手(多分、主宰のバルタバス氏)と馬がくりひろげたステップシークエンスでした。
本当に、馬が"踊る"のですよ。まるでアイリッシュダンスのように複雑なステップを踏んで。
あるいはヤグディンやプリュシェンコのフリー演技のように。
鳥肌が立ちました。何というペア…!

一体どうしたら、馬にあんな脚の動かし方を教えることができるんでしょう?
同行してくれたみやさん、ふーこさんがフリースタイルをやってることもあり、「どんなトレーニングなのか?」と超局所的に騒然(笑)

アクロバットシーンだって、よくぞあれだけ激しく鞍上で動き、飛び降りたり飛び乗ったりを繰り返す人間を乗せて、一定の、それもかなりのスピードで走り続け、必ず前を走る組との距離も等間で空け続けることができるものです。一朝一夕にできる走りではありませんよね。
それに何しろ、人間が登場しないシーンさえあるのです。
周りがどんなに動いても、自分が動くべき時までポジションを維持し、首の上げ下げさえコントロールする馬たち。
どうしたらこんなレベルまで行けるの?
隅々まで、ヨーロッパの馬術文化の真髄を見せ付けられました。

犬を飼ったことがあって、お手お座りすら教えたことのない人はあまりいないと思います。
その経験があるなら、ジンガロの馬たち、彼らの受けたトレーニングのすごさがわかるはず。
公演は5/8まで、当日券もあります。
ぜひぜひ観に行ってくださいませ~!
私だって関東に住んでたら、もう2回は行きたいよぉ(^^;

そしてもちろん今の楽しみは、次回のみや&アンジェの演目がジンガロになりますように!ってこと(爆)
[PR]

by aislaby | 2005-04-09 12:45 | 犬猫ケア

シナモンキライ

前にシナモンブレッドを焼いた時、カッパさんは出張でいなくて、帰ってきた時には、例のカスタード風味のマーガリンを巻き込んだ菓子パンを焼いた。
それを彼は美味しい~と食べてくれてまして。
その後買い物に行った時、私が「ああ、シナモンこないだ使いきっちゃったのよね。今度はシナモンブレッドを焼くよ」とシナモンの大きいビンを手にとったら、「ええっ」とうめく。
「え?シナモン嫌いやった?」
「あんまり好きじゃない」
「なんだ~!じゃシナモンブレッドもイヤなん?」
「あのパンがシナモンブレッドじゃなくてよかったと思ってたとこ」
うそや~ん(^o^;
3年前に何度か焼いた時は、何もいわないで食べてたじゃん!
ま、隠し味程度に入ってるのは許せるそう。
という訳で、シナモンは小さいビンを買ったが、それもホントは嫌そうなカッパさんなのであった。

堀井和子さんのご主人がシナモン嫌いなのは、本の題名にもなってるほど(笑)だが、我が伴侶もそうだったとわ。
もしかして男の人全般、シナモン好きじゃなかったりする?
[PR]

by aislaby | 2005-04-07 18:57 | パン

春のポタージュ

写真はないんだけど、こないだ「晩御飯どうしよう」と考えてて唐突にポタージュが食べたくなって、新じゃがとミニアスパラガスのポタージュを作った。
なぜかカプチーノみたいにフワフワに出来上がり、カッパさんも「これ美味しいよ~何?」と喜んでいた。
じゃがいもでポタージュは何度も作ってるんだけど、ホント何だったんだろね(笑)

オリーブオイルほんの少しでクミンの粒を熱して香りを立て、玉葱とじゃがいもの薄切りを炒め、水とコンソメキューブを加えて、じゃがいもが柔らかくなるまで煮る。
ミニアスパラの下の方を刻んで加えて火が通ったら、バーミックスでガー回して、牛乳と挽きたて黒胡椒を足し、ぶつぶつ切ったミニアスパラの上の方も加えて、沸騰手前まで温める。ちょっと置いとくと、余熱でミニアスパラもいい色具合に火が通って、おしまい。

カンタンだなぁ…。調理実習みたい。
でもこやって作るあっさりめのポタージュが大好きなのだ。
外で食べるポタージュって、なんであんなにちょっとしか入れてくれないんでしょう?(笑)
[PR]

by aislaby | 2005-04-07 18:57 | ヒトたべもの