縁の下の力無し


あきの@管理人の趣味と、犬猫ごはん作りのsmall tips.
by aislaby
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新のトラックバック
塩豚作ってみました
from Dog*Walkキャバグロで..
塩豚作ってみました
from Dog*Walkキャバグロで..
猫本
from AML Amazon Link
イヌの健康ガイド
from ぷーちなび犬本
12月1日 ハーフ&ハー..
from ばば猫の仕事部屋から
気づかないと・・・
from cotton_plus_on..
ライフログ
link
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:murmur( 64 )


(T-T)

本田美奈子さんが亡くなってしまわれました。
アイドル時代から大好きでした。レ・ミッズも、有名な島田歌穂さん(エポニーヌ役)じゃなくて彼女が出演する日をわざわざ選んで行ったくらい。
あの声、あの歌唱が永遠に失われてしまったなんて、なんと悲しい…。
どうか安らかにお休みくださいますように。
[PR]

by aislaby | 2005-11-06 22:40 | murmur

my cats

d0001930_17475199.jpg


d0001930_17481438.jpg


d0001930_17482924.jpg


d0001930_17484378.jpg



皆あまりに可愛くて、添える言葉を思いつかないわ(,_'☆\ ベキバキ
[PR]

by aislaby | 2005-10-28 17:50 | murmur

Babys

先月24日に面会してきたBlack Magic犬舎の子犬達の写真をどうぞ~♪

d0001930_18124547.jpg


d0001930_1813138.jpg


d0001930_18131427.jpg


d0001930_18132628.jpg


d0001930_18134576.jpg


d0001930_18135843.jpg



うーん並べると可愛さ6千万倍!(゚o゚)\バキ
あれから10日経ち、更にたくましく育って、毎日お庭を掘ってるそうです(笑)
[PR]

by aislaby | 2005-10-04 18:15 | murmur

マリノといえば。

”マリノ”をご存知の皆様への私信(笑)
や、思わぬところでお馴染みの名前を見たもんだから(^^ゞ 行ってみたーい。
[PR]

by aislaby | 2005-09-28 22:44 | murmur

また、子犬見学~♪

こないだの連休、名古屋のBlackMagic犬舎に、ターヴの子犬の面会に行ってきました~!
ママになったEllyちゃんは、でーことも従姉妹、ぎるともはとこ位の血縁なのです。
人間だいすき、甘えんぼで活発なEllyちゃんは、また素晴らしいママでもありました。
子犬っちもママも可愛いねぇ~(*^_^*)

まだ写真を整理してないので、犬舎のサイトで子犬達のプリティぶりを堪能して下さいね~ん。

やっぱし、ターヴュレンはたまらんですな~ハァ~(U▽U)


***********
で…色々と停滞中ですが(^^;
ぢつはここしばらく頭痛その他で調子がよくなく、そんでやたらと日々の雑事に追われております…まともなコラム書けずに日々が過ぎてますがすんません。
[PR]

by aislaby | 2005-09-27 17:37 | murmur

或る思ひ出

○○の話題というと思い出すことがある。

まだ朱里が1歳前後の頃、おさんぽ猫にあこがれた私達は、朱里にリードをつけて近所のおさんぽに出かけたことがあった(でーこ付きで)。
しかし朱里には大変迷惑だったらしく、途中でぶち切れてカッパさんの顔を蹴破って肩から飛び降り、用水路の奥に逃げ込んでしまった。
説明しにくいので図解します(゚o゚)\バキ

d0001930_17111169.jpg


こんな感じで、A地点にいた私達を離れ、B地点まで潜ってしまったと。
この用水路、しっかりコンクリの枠で側溝化されてるものではなく、昔からある溝に橋渡ししたような状態なので、足場がとても悪く、石やら割れガラスやら錆びた針金やらがゴロゴロしている。水深は深くても10cm行かないくらいなのだが、朱里のところまで這っていけそうにない。
朱里は恐怖で固まってて呼んだってこっちにくるもんじゃないし、下手に刺激すると更にどっかへ逃げるかもしれず、一帯は緊張に満ちる。(おおげさ)

たまたま朱里のすぐ手前に、ちょうど図のように鉄格子の排水溝のフタがあって、見たところ構造的には固定されてないようなのだが、カッパさんに外してくれと頼むと、ちょっと引っ張ってみただけで「ダメ、外れない」という。
多分、設置してから一度も外したことがなさそうで、隙間に土が詰まって固められてしまってるのだ。
しかし前述のように、入り口から潜っていくのは困難。
朱里は汚い水に浸かって座り込んでおり、もしそこまで入っていく途中でガラスとか踏んでたら破傷風菌とか入りそう(ToT)と心配フルスロットルの私。
このフタ、どうでも外すしかないと、両手で鉄格子をつかみ、反動をつけて背筋のバネをがつん!と跳ね上げた。(背筋あったんかい)
数回繰り返すと、さすがに固まった土もゆるみ、フタはごばぁ~(砂埃)と開いた。
その穴から潜っていって、ようやく無事、ちりを回収できたのであった。

ちゅりんは幸いどこもケガしてなく、むしろ彼が逃げる時にぶっ掻いたカッパさんの顔の方がよっぽど重傷であった(^^;

この事件は「室内猫をおさんぽ猫にしようなどというドリームは厳禁」という教訓を我が家にもたらし、以後語り継がれている。
しかし、カッパさんが開けられなかったあのフタを、朱里への愛でこじあけた自分の姿を思い出す度、密かに「戦車のハッチを開けようとした少佐のようだわ」と悦に入るわたくしなのであった(,_'☆\ ベキバキ
[PR]

by aislaby | 2005-09-16 16:49 | murmur

これ以上黙っているわけには。

ここしばらく行きつけのあちこちで目にする、「アレ」に関する間違った記述の数々…。
わたくし沈黙を破ることにいたします。
皆様、これが真実ですわっ!

「攻殻機動隊」シリーズの大雑把な全容(爆)

原作コミック;
作・士郎正宗
「攻殻機動隊1巻 Ghost in the Shell」1991
「攻殻機動隊2巻 Man Machine Interface」2001
「攻殻機動隊1.5巻」2003

アニメーション劇場版;
監督・押井守
音楽・川井憲次

制作スタジオ・プロダクションI.G
「Ghost in the Shell / 攻殻機動隊」1995
「イノセンス」2004

アニメーションTVシリーズ;
監督・神山健治
音楽・菅野よう子

制作スタジオ・プロダクションI.G
「攻殻機動隊 Stand Alone Complex」2002
「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」2004

特に監督・音楽についての間違いが多くて見るに見かねました…(,_'☆\ ベキバキ

ちなみに劇場版とTVシリーズはパラレル設定となっていて、時間軸やキャラクターの性格が一致しないのはそのためです。
劇場版Ghost in the Shellは2029年設定、TVシリーズStand Alone Complexは2030年設定ですから、Stand Alone Complexの続きが劇場版になるわけではありません。

あと、劇場版は押井作品色が濃いですが、S.A.C.は神山監督作品というよりI.G作品というべきなんですね… ええ。

後生だからこれ以上の質問はご遠慮くださいねっっ(光学迷彩で遁走)
[PR]

by aislaby | 2005-09-07 20:32 | murmur

なつかった、あつ<おやぢ小ネタ集

■奈良はお盆前から涼しくなってきた。雨がちなせいもあるけど。
これならエアコンなしで乗りきれたかもー?(^^;
奈良の唯一の取り得は、大阪や京都よりは涼しいとこ。その分冬寒いから帳消しともいえるが。
エアコンなしで7月を過ごしてもなお、冬よりは夏の方がいいなぁと心から思うわたくし。だって人間は熱帯産の生物なんだよ!<原始人なので

こんな姉の元で育ったせいか、でーこは不気味なほど暑さに強い。
そして、あのモコモコしたぎるも、以外と暑くても元気。カンカン照りの真昼間にトイレ連れてっても、ボール投げろとごねる(あたしが倒れそうだよ…)。
まぁ、今年なんて特に前半冷房使えず、風回してやり過ごす日々だったから、涼しい部屋から暑いおもてに出て温度差にクラクラ、ってことがなかったのが良かったのかも。
姉も、エアコンついてからの方が、つい使っちゃっては体冷やして不調だもん。
ね、だから人間は熱帯産なのよ<犬は違うがな~

■そんな夏においしいのは冷やっこ。
最近話題で気になる男前、通販してみよっかな~?
(音の出るサイトですのでご注意~)

みやさんのサイトの「おすすめショップ」で、犬の看板などのプレートを1点もので製作してくれる工房の紹介があがってます。や、わし少しだけサイト作りをお手伝いしてるので、サクラなんですが(笑)
とってもお安いんではないかしら。一度ご覧あれ(^^)
でこぎるプレートもよいけど、にゃんこプレートも作ってもらえんかな~?

■むかしむかし、ムツゴロウさんの番組や本でカラバシュという犬が取り上げられた。
カラバシュは別名アナトリアン・シェパードともいう、トルコのアナトリア高原原産の、マスティフ系とサイトハウンド系の混血と考えられている、大型かつ俊足の牧羊犬だ。牧羊といってもボーダーコリーのようなタイプではなく、羊の群れを狼や泥棒などの外敵から守るのが主務。
全身が白いアクバシュ、顔黒で体がグレイ~フォーンのいわゆるマスティフカラーのカラバシュの2タイプがいる。(つまりアクバシュ=白い顔、カラバシュ=黒い顔、だそう。カラって、トルコ辺りからモンゴルにも及ぶ広い範囲で「黒」を意味する言葉なんよね)
ムツさんはこういうレア犬種を探して紹介するのがほんとに巧みだった。彼がトルコの山奥まで会いにいったヘクトルという犬は素敵だったなぁ。(ぜし、あの当時にベルジアンに興味を持って頂きたかったわ(,_'☆\ ベキバキ)

先だって、そのカラバシュに思わぬところで再会した。
まあまあ、何てすばらすぃ~(ToT)とカンレキしてたら、こないだの日曜の「宇宙船地球号」でその様子が取材されていた。おおぅ<何故そんなに泣く(^^;

そんで、来月のウルルンで、またアナトリアン・シェパが登場するようだ。これは原産地トルコに行くんかな? 楽しみ~。

■アマゾンで気になる本を見つけたので注文。早くおいで~。どきどき。
[PR]

by aislaby | 2005-08-24 15:10 | murmur

お盆終わり

お友達ターヴのEllyちゃんも、無事に初の出産を終えました。Ellyちゃん&ちえさん、おめでとう!(^o^)
男の子ばっかり9頭って、想像するだけで目が回りそう~(笑)
面会に行くのがとっても楽しみです。

*********

今年は盆休みにマイシスターが遊びに来てくれた。
うちに来るのはもしかして5年ぶりか、もっと?である。わにゃとぎるは彼女に初めて会う。
朱里はお客さんが大恐怖な子なので、どれくらいの時間で慣れるか楽しみであった(゚o゚)\バキ

まず、予想通りというか、反町、飛、でーこのシニア組は、妹を覚えていて、「久しぶり~!」と大歓迎であった。
でこはともかく、人を覚えないといわれる猫の兄ズの記憶力は、やはり猫離れしている。
朱里はそそくさと逃げ隠れたが、その日のうちには、妹のいる居間でゴハン食べられるように。
わにゃはお客さん大好きなので「ようこそ~わななんでっす」とうねうねアピール。
そして、ぎるは…吠えた。(-_-;
それも、一通り慣れても、妹がトイレとかから戻ってくると「しらないひとがおうちのなかに!」とびっくりして吠える。一晩寝て朝起きてきたらもうすっかり忘れていて吠える。吠えまくり。アホ。
朱里でさえ3日目の朝には、「あ、おとまりのひと~」と落ち着き払って挨拶してたのに。
猫より犬の方が賢いなんて誰が云ったんだ?(^^;

そうそう、妹と一緒に、モンベルのシロクマ写真展に行きましたよ~(^o^)
この写真家の丹葉暁弥さんのお友達のかたが、みどりさんのBBSでお知らせして下さったのをきっかけに知ったのだが、その時紹介で貼って下さった写真が、野生のシロクマが、人が飼ってる橇犬を抱きしめてるという、信じられないショットであった。
今まで生きてきて一番驚いた動物写真である。
あのクマはどんなつもりで犬を抱きしめてうっとりしてるのかなぁ。想像してもしても想像がつかない。生き物ってすごい。
奈良近郊の方、もうしばらくやってるので、ぜひぜひ。おすすめです。

シロクマを見た後は、上階のイタリアン「アルティジャーノ匠」でごはんもおすすめっすよー。カジュアルでコストパフォも良(^^)
[PR]

by aislaby | 2005-08-17 16:17 | murmur

(T-T)(T-T)(T-T)(今日も小ネタ集)

■やっとうちも明日から夏休みである。
で、マイシスターがやってくるので大掃除してた。…うちは抜け毛の館だ(T-T)
いったい何万本の毛が落ちてるんだろう… <どれだけ掃除をサボってたのか?

■そして、またしてもぎるケージ(の接した壁面)に、わにゃが激しくスプレーしてたのが見つかった。
エアコン壊れててずっと窓開けてたから、臭いが流れてたようだが、なんか臭いと思ったり、鼻がおかしくなってるのかと思ってたり…。やっぱりヤツは悪魔の猫である(-_-;

■昨日またとうもろこしを買ったの。
わにゃに小さいのを1本まるっとあげたら、芯まで半分以上食べてしまった。そんなに甘い野菜が好きかね~。
今日のンコは、黄色いコーンが粒々してたが、しっかりした良いンコ。やっぱりあの長い胴には長い腸が詰まっている。

■晩ごはん作ってて、胡瓜の塩ずりのため、流しの下に置いてる食塩を一握り取り出した…ら、手の中に、塩にまみれたゴキブリの死体が(T▽T)
この食塩(精製塩)は、食器洗浄機用に置いてるもので、食用ではなく、ただ塩ずりみたいなのに天然塩は勿体ないからこういう時だけ食品にも使ってたのだが。
もう当然残りは全部捨てた(T▽T)
いつから入ってたんだろう。ちょー鬱。せめて夕べとかであって。お願い。

■先日、改めてホメオパシーレメディのキットやら単品やらを入手(ふーこさんありがとう~v)
さっそく色々使ってるけど、ちゃんと効くレメディはいいにゃー(T-T)
最近、やっと自分自身のホメオパシーの理解に進展があった気がしてるのだけど、ここで今や古典の「ネコの健康ガイド」「イヌの健康ガイド」を読み返すと、改めて良い本だなぁと思う。
もちろん、ピトケアン氏も、予防接種ことに混合ワクチンには反対の立場である。
[PR]

by aislaby | 2005-08-12 23:42 | murmur