縁の下の力無し


あきの@管理人の趣味と、犬猫ごはん作りのsmall tips.
by aislaby
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新のトラックバック
塩豚作ってみました
from Dog*Walkキャバグロで..
塩豚作ってみました
from Dog*Walkキャバグロで..
猫本
from AML Amazon Link
イヌの健康ガイド
from ぷーちなび犬本
12月1日 ハーフ&ハー..
from ばば猫の仕事部屋から
気づかないと・・・
from cotton_plus_on..
ライフログ
link
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ガナゼック4回目投薬

今日でガナゼックは一旦終了。ここからはバベシアを抑える効果があるとされている抗生物質ダラシンの大量投与と、週ごとの血液検査で経過観察となる。
今回もステロイドは固く固くお断り。この日の医師は13日にいきなりステロイドを打ったその人で、その後の副作用の数々と、ステロイドを使わない時との差を自分なり丁寧に説明したつもりだが、何を云われてるのか全然理解できていないらしい反応でトホホ…。
13日に依頼した、でーこの方のバベシア検査も今日になってようやく「陰性」との結果報告を受けた。何でこんなに時間かかるのだ?ますます不信がつのる。

この病院は決して悪くはない方だと私は思っている。普段院長は難しいことも一つ一つ懇切丁寧に説明してくれるし、よく勉強されていて、院長がガナゼックの使用量にきわめて慎重であってくれたから、ぎるも危急のショック症状などは起こさなかったわけだ。
犬によっては低容量でもショックを起こすかもしれないし、飼い主によっては「ショックが起きたらいやだから予防としてのステロイド万歳」な人もいるだろう。
だが、ぎるのようにそうした余計な薬物に過敏な犬もいるし、ステロイドや抗生物質の濫用にやかましい飼い主もいるのだ。せめて注射は打つ前に説明がほしいし、個体によって薬物への反応が様々なことも当たり前に認識してほしいなぁ…。ほんとこれからどうしよう。

ぎるは今日もどこが病気?という、普通の元気さ。
ガナゼックだけ打たれて病院から帰ると、また「でこちゃん久しぶりー!」(3時間弱だよ)とマウンティングを仕掛けて怒られ、家に入っては猫たちにマウンティングしまくる。ふと気付いたが、そういえばここ数週間、猫にマウンティングしていなかったではないか。マウンティングは元気のバロメーターなわけね。さすがエロギル(T▽T)

ちなみに今日の血液検査では、まだまだ貧血ではあるそうだ。 引き続き姉にできることとして、食事づくりを頑張ろう。
闘病が終わったわけではなく、私達はまだまだ、バベシアと付きあっていかなければならない。
[PR]

by aislaby | 2006-10-17 23:54 | 犬バベシア
<< ちびフィスラー復活 6日目 >>